はげに悪影響与えるもの はげ対策.com

はげ対策.com

はげの基礎知識

はげに悪影響与えるもの

はげに悪影響を与えるものは沢山あります。喫煙、睡眠不足や夜更かし、過度の飲酒、油脂の過剰摂取、ストレス、男性ホルモン、合成シャンプーなどあげればきりがないほどです。飲酒に関しては否定論と肯定論があるようですが、恐らく過度の飲酒は人体にとっても頭皮や毛髪にとって良いものではないでしょう。

ほどほどの飲酒は血管を拡張させ、血液を毛細血管の末端まで行き渡らせるのには良いでしょう。実際に多くの医師は毎日一杯程度の飲酒は体に良いといっています。しかし喫煙は煙を吸引するたびに、毛細血管が伸縮したり、活性酸素が増えてしまうため頭皮や毛髪のみならず、人体に悪影響をもたらします。

活性酸素は喫煙だけでなく、夜更かしや睡眠不足でも体内に蓄積されます。これが原因で肌荒れになってしまったり、頭皮状態に悪影響を及ぼします。男性ホルモン多い人ははげ易いといわれていますが、実は毛髪は女性ホルモンによって作用しています。

残念ながら、現在男性ホルモンを減らし、女性ホルモンを増やす方法ははっきりと解明されていないようですが、大豆などを含んだ食品が女性ホルモン増加に効果があるといわれています。合成シャンプーは様々な成分を含んでいて、頭皮や毛根に悪影響を与えるものがあります。

様々な成分は毛髪にはよく、髪の毛をきれいに見せるものですが、頭皮には良くない成分が沢山含まれています。はげを悪化させるものは上記以外にも沢山ありますが、これらを避ければ、はげも避けることも不可能ではないでしょう。

Copyright (C) はげ対策.com All Rights Reserved