大豆イソフラボン はげ対策.com

はげ対策.com

はげに効く栄養素

大豆イソフラボン

体内には男性ホルモンによってコントロールされているところと、女性ホルモンによってコントロールされているところがあります。髪の毛は女性ホルモンによってコントロールされていて、その他髭や腕の毛、足の毛などは男性ホルモンによってコントロールされています。

当然、男性には男性ホルモン多く、女性には女性ホルモンが多くあり、そのホルモンの量をコントロールすることによりはげ難くなるのです。そこで男性ホルモンを減少させ、女性ホルモンの増加を助けてくれる大豆イソフラボンという物質があります。これはその名のとおり大豆に多く含まれており、豆腐、豆乳、納豆などの製品を多く摂取することで女性ホルモンを増加させるのです。

体内の男性ホルモン女性ホルモンは比率によって量が決まってきますので、女性ホルモンが増えれば必然的に男性ホルモンが現象するわけです。ただ、闇雲にイソフラボンを摂取することは、良くないといわれています。これはまだ研究段階ですが、乳がんや前立腺がんを予防に役立つという見解と逆に、乳がんの発症やリスクを高めるという2つの見解がありためです。

ですので、一日の摂取量の目安の上限は70から75mgといわれています。豆腐一丁のイソフラボン含有率は約30mg、納豆1パックで約37mg、豆乳1杯で52mgなので簡単に上限に達してしまいます。しかし、毎日これを摂取しているかというとそうでない方の方がおおいのではないでしょうか。

ですので、納豆を毎朝食べるとか、毎朝豆乳を一杯飲むなどの習慣を付ければ適切な量のイソフラボンを摂取できて、はげ予防になるということです。

Copyright (C) はげ対策.com All Rights Reserved